赤いちゃんちゃんこ以外に還暦ファッションは無いのか?

rose60

今年、母が還暦を迎えるという訳で、赤いちゃんちゃんこの購入を考えていました。やはり従来から行われているだけあり、それが習慣になっているので当然母も受け入れてくれるだろうと安易に考えていたんですよね。それとなく赤いちゃんちゃんこでお祝いをしようかどうか聞いてみたところ、なんとオシャレに気を使う母には抵抗があるといわれてしまったんです。ちゃんちゃんこって長寿の定番というか90歳の卒寿祝いでも使われるというのに何ということでしょう。正直拒絶されるとは思ってもいなかったので意外でしたが、感じ方は人それぞれなので仕方がありません。

ただ、予定が狂ってしまったことで還暦祝いをどうするか、という問題を解決する必要があったんですよね。友達に聞いてみても赤いちゃんちゃんこ以外ではとくに思い浮かばない様子だったので、ほとほと困り果ててしまいました。ただ、習慣がどうであれ自分なりに考えて母が喜びそうなものをプレゼントする、というのもある意味心がこもっているかもしれません。

気持ちさえこもっていればきっと通じるものだと考えていたので、赤いいろを使った洋服とカタログギフトをプレゼントすることにしました。とはいえ、洋服ってなかなかサイズもあるし、好みのブランドによって着る人を選びますから、サプライズとしてはあまり向いていないかも、と致命的な欠陥に気が付きました。さすがに百貨店まで出向いてただ引き返すわけにも行かなかったので、とても品質のよい赤いスカーフを発見してギフトラッピングしてもらいました。スカーフなら洋服を問わず合わせることができるので自由度も高いし、決して邪魔になるようなものでもないので喜ばれると判断しました。

その帰り道、徒歩で帰宅していると途中に花屋を見つけたのでぶらりと立ち寄ってみたところ、今度は真っ赤なバラの花束が目に飛び込んできたのです。母はとても花が好きで自宅によく飾っていますが、値段の面からいってバラを購入することはありませんでした。なので、この還暦祝いに女性らしいプレゼントとして、バラの花束をあげようとこちらも包んでもらったんですよね。それこそキザな男性がデートで女性にプレゼントするような感じですが、母にとってはきっとあまり機会のないものなのでどんな反応をするか楽しみな部分もありました。

そして、最後にカタログギフトも購入して、この中からも好きなものを選んでもらう方式にしてみたんです。自分の好みで選べるものがあればスカーフとバラが気に入らなかったとしてもと保険の意味合いを兼ねて準備してみたんです。これらを揃えるのに金銭的には結構かかりましたが、万全に整えたのでやり尽くした間がありましたね。

さっそく母にこれらのプレゼントを還暦祝いとしてプレゼントしたところ、今までにない感じで大喜びしてくれたのでよかったです。真っ赤なスカーフはより女度が上がった母も上機嫌になり、よそ行きの洋服に合わせたいとわざわざ友人たちとのお茶会をセッティングしたらしいです。今の60代って昔と比べて若いので、年代を問わないようなアイテムが喜ばれるのかもしれませんね。

また、バラの花束は人生初体験だったようでこれまた嬉しそうにニコニコとしてくれたので、こちらまで嬉しくなってしまいました。花を飾るとやさしい気持ちになったり、幸せな気持ちになったりするものなので、これも母にはピッタリだったと思っています。この先、母が長生きして米寿のお祝いでもする時にまた買ってあげようかな…。

最後に、カタログギフトでは体験型のものを選びたいそうでじっくりと悩んでいます。その悩む時間もまた楽しいものなので、還暦祝いとしては大成功を収めることができました。

本人の希望を事前に聞いてみて、赤いちゃんちゃんこを回避できて本当によかったかもしれません。そうでなければガッカリさせてしまうところだったので、予め計画することの大切さを学んだ出来事でした。

↑ PAGE TOP